群馬県統計情報提供システム

群馬県統計トピックス

第1回 ナイチンゲールと統計のつながり

「近代看護教育の生みの親」として有名なフロレンス・ナイチンゲール(1820-1910)。
 彼女が統計と深いつながりがあることを御存じでしょうか?

 イギリスの看護師で、クリミア戦争で負傷した兵士を看護した…ということくらいは聞いたことがあると思います。
 しかし、彼女の功績はそれだけでは終わりません。実は、イギリスの王立統計協会や米国統計学会の会員にも選ばれています。
 その裏にはこんな活躍がありました。

 ナイチンゲールが赴いたクリミア戦争では多くの兵士が病院に運ばれ、その死亡率はとても高いものでした。
 彼女は統計の知識を用いて、戦死者・傷病者のデータを分析し、彼らの多くが戦闘で受けた傷そのものではなく、負傷後の治療や病院の衛生状況の不十分さが原因で死亡したことを明らかにしました。
 つまり、衛生状況の改善により死亡率の引下げが可能だと分かったのです。

 そこで彼女は、統計になじみの薄い国会議員や役人にも伝わりやすいように、当時としては珍しかったグラフを用いて視覚的に訴えました。
 その結果、衛生状況は改善され、死者数は激減しました。

 統計やグラフの力を感じていただけるエピソードのひとつかと思いましたので、トピックスの第1回目として御紹介しました。

お問い合わせ