群馬県統計情報提供システム 農林業センサス

調査の流れ

・ 統計調査員が、担当調査地区内の農林業を営んでいるすべての農家、林家、農林業を営む法人の方を訪問します。その際、統計調査員が、
   所有、耕作する田・畑の面積などをお聞きします。
・ お聞きした結果、一定規模以上の農林業生産活動を行っている方(本調査では、農業経営体※といいます。)に、調査票をご記入いただきます。
       ご記入いただいた調査票は、統計調査員が改めて伺ってお預かりします。

※ 農業経営体とは次のいずれかに該当する事業を行う方をいいます。

(1) 経営耕地面積が30a以上の規模の農業
(2) 農作物の作付面積又は栽培面積、家畜の飼養羽数又は出荷羽数その他の事業の規模が別表1で定める規模以上の農業
(3) 権原に基づいて育林又は伐採(立木林のみを譲り受けてする伐採を除く。)を行うことができる山林(以下「保有山林」という。)の面積が
  3ha以上の規模の林業(育林又は伐採を適切に実施するものに限る。)
(4) 農作業の受託の事業
(5) 委託を受けて行う育林若しくは素材生産又は立木を購入して行う素材生産の事業

別表1
露地野菜作付面積  15アール
施設野菜栽培面積  350平方メートル  
果樹栽培面積    10アール  
露地花き栽培面積  10アール  
施設花き栽培面積  250平方メートル  
搾乳牛飼養頭数   1頭  
肥育牛飼養頭数   1頭  
豚飼養頭数     15頭  
採卵鶏飼養羽数   1,000羽  
その他       調査期日前1年間における農業生産物の総販売額50万円に相当する事業の規模

 











調査の実施系統

・ 農林水産省 ― 群馬県 ― 市町村 ― 指導員 ― 調査員

戻る