群馬県統計情報提供システム

市町村別、地域別耕地の整備率

概要

  1. 水田・畑において、区画整理を実施した面積と畑地かんがい施設の整備済み面積を毎年度加算して当該年度までの整備率とする。
  2. 平成16年度までの整備率の算定は、「第3次土地利用基盤整備基本調査(平成5年3月31日現在)」の結果を基礎とし、平成5年度以降の整備面積を累計して算定していたが、平成17年度からは「第4次土地利用基盤整備基本調査(平成13年3月31日現在)」平成18年4月に農林水産省から公表されたことを受け、第4次基本調査の結果に基づく整備率に変更した。
  3. 水田の整備済面積は、区画20a以上を基本としたが、中山間地域(中山間総合整備事業対象の市町村)は20a未満の区画整理済み面積を含めた。(平成16年度までの第3次基本調査における水田の整備済み面積は、中山間地域も含めて区画20a以上としていた)
  4. 平成13年度以降の整備面積は、「農用地建設業務統計調査」又は「農業基盤整備基礎調査」における区画整理の整備面積、畑地かんがい施設の整備面積を年度毎に累計したものである。
  5. 全耕地面積は、農林水産省の「耕地面積調査(当該年度7月15日)」を使用したもので、当該年度中に合併した市町村は、合併前の各市町村の耕地面積を合計した。
  6. 第4次基本調査の整備済面積に13年度以降の整備面積を累計した面積が市町村毎の耕地面積を越える場合は、耕地面積を整備済面積とした。
  7. 平成13年度以降の整備済面積からの農地転用面積は控除していない。

公表資料

平成20年3月31日以前のデータ

お問い合わせ