群馬県統計情報提供システム 鉱工業指数

利用上の注意

1 指数の種類、基準年次、ウェイト算定基準及び品目数

指数の種類基準年次ウェイト算定基準採用品目
生産指数
生産者出荷指数
生産者製品在庫指数
生産者製品在庫率指数
平成22年 付加価値額
出荷額
在庫額
在庫率
196
190
121
110
※生産指数及び生産者出荷指数の「採用品目」には、電力・ガス事業を含む。

2 指数算式

       算式−1
 
品目指数を基準時の固定ウェイト加重平均するラスパイレス算式である。

  

       算式−2(生産者製品在庫率指数)
 
在庫と出荷の比率の推移をみることにより、産出された製品の需給動向をみることができる。

3 分類

業種分類と特殊分類(財別分類)の2方法により分類している。

4 指数値の計算

月別、四半期別、及び暦年別に行い、小数点第2位を四捨五入し第1位までの数値とした。
四半期別指数は3か月分(1〜3月期=一期,4〜6月期=二期,7〜9月期=三期,10〜12月期=四期としている。)
の指数値、年別指数は12カ月分の指数値を単純平均したものである。
各増減率は端数処理後の数値で計算し、小数点第2位を四捨五入し第1位までの数値とした。

5 季節調整

季節調整とは1年を周期とする季節的な変動要因(天候、社会習慣等)を排除することをいう。
本県ではセンサス局法のX-12-ARIMAを用いて算出した季節指数により季節調整を行っている。

6 資料出所

(1)経済産業省生産動態統計調査
(2)庁内各課の資料
(3)他の官庁の資料
(4)組合または事業所へ照会

7 本文中及び統計表中の符号は、次のとおりである。

(1)「r」は訂正数値(revised)
(2)「▲」はマイナス
(3)「0.0」は、0.05未満
ページトップへ